車のローンが組めない理由

スポンサードリンク

車のローンが組めない6つの理由

車のローンが組めない理由にはいくつかの原因が考えられます。

 

ディーラーや中古車屋で、迷いに迷って車の購入を決断したにも関わらず、いざローンを組む為の審査に通らなければ本当に恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

車屋としても、がんばって営業した人がローンの審査に通らないとなられば、顔には出さないものの落胆する事でしょう。

 

過去に自己破産をした事があったり、ブラックリストに載るような借金があるのならわかりますが、そうではないのに審査に落ちたら自分の何がいけないのか知りたいですよね。

 

信販会社ははっきりと審査に通せない理由を伝えてくれるわけではありませんが、以下のような事が理由で審査に通らなかった可能性があります。

スポンサードリンク

車のローンが組めない理由6

 

1、クレジットカードのキャッシングに未払い分が残っている
未払い分があれば当然審査に影響します。
また、クレジットカードのキャッシング枠は、枠自体が借金としてみなされます。
その為、クレジットカードは保有枚数が多かったり、キャッシング枠が大きければその分借金が大きいとみなされ、審査には通りにくくなります。

 

2、クレジットカードや家賃の引き落とし日に銀行口座の残高が足りずに引き落とし出来なかった事がある
決められた引き落とし日にきちんと引き落としが出来なければ、返済能力が無いとみなされます。
引き落としが出来なかった際、数日後に届くコンビニの支払い用紙で支払っていれば大丈夫と思っている人も多くいますが、決められた日に引き落としが出来なかった時点でアウトです。

 

 

3、年収と借入れ金額が不釣合い
年間総支払額が年収の20%を超える自動車ローンは組めません。
その場合には支払い年数を長く設定するなどしなければなりませんが、その分金利支払い分は増えます。

 

 

4、勤続年数が1年未満
信販会社はお金を貸す人が信用できる人間なのかどうかを見極めます。
常に転職を繰り返しているような人では安定した収入が見込めませんのでNOを突きつけます。
だれも、定職の無い人にお金を貸そうなんて思わないのと同じです。
また、フリーターやアルバイトの人も正社員に比べれば審査に落ちやすくなります。

 

5、同居の親族が自己破産していたり大きな借金がある
自分の全く知らないところで、自分の信用がなくなっていることは多々あります。
特に親の作った借金問題などは子供にも影響する場合があります。
また、妻の知らないところで旦那が借金を作っていたり、過去に自己破産していたという事は珍しくありません。

 

6、収入から住宅ローンの支払いや家賃の支払いで生活が困難な事が伺える
提示された収入を見て明らかに住宅ローンや毎月の家賃で家計が苦しいだろうと予測できる場合にも、信販会社はそれ以上の負担は不可能だろうという判断をします。身の丈にあった借り入れが大切という事です。

 

 

過去の不払いなどで審判会社のリストに載ってしまっている場合、その履歴は5年間は保管されます。
5年間も車のローンが組めないとなれば、好きな車にはなかなか乗れなくなるかもしれません。
それを打開する為には、まずは頭金を多く作るなどして出来るだけ少ない借入れで済むように努力しなければなりません。

 

また、しばらくは安い軽の中古車で我慢するなど、自分に妥協点を見つけることも必要です。

 

どうしても欲しい車がある、という場合にはカードローンという手もありますが、その場合にも出来るだけ多くの頭金を貯めたり、頭を下げて親や兄弟から借りるなどして計画的なローンを組むようにしましょう。

スポンサードリンク