車のローンシュミレーション

スポンサードリンク

車のローン シュミレーションで予想する

車のローンを組むときだけでなく、住宅ローンでも教育ローンでもシュミレーションを行い、どのような返済を行っていくのか予想を立てるということは非常に重要です。

 

もし、何のシュミレーションもせずにローンを組んでしまい、金利の高さや、返済期間の短さ、自分の収入に見合っていないなどの理由で支払いが滞ってしまう事も十分に考えられます。

 

車のローンのシュミレーションは各金融機関のホームページや受付窓口で行うことが出来ますが、あくまでもシュミレーションですので、実際に借り入れを開始したときの金利とは変わる場合もある為、注意しなければなりません。

 

ちなみに100万円の車を購入する際のオートローンのシュミレーションを見てみましょう。
100万円の車なら、軽自動車か中古の乗用車が購入可能ですね。
試算は元利均等返済です。

スポンサードリンク

金利5% 返済期間2年
月々:43,871円  総利息:52,913円  支払い合計:1,052,913円

 

 

金利5% 返済期間4年 
月々:23,029円  総利息:105,406円  支払い合計:1,105,406円

 

 

金利10% 返済期間2年
月々:46,145円  総利息:107,478円  支払い合計:1,107,478円

 

金利10% 返済期間4年
月々:25,363円  総利息:217,404円  支払い合計:1,217,404円

 

 

支払い期間と金利でこんなにも違いが大きいのです。

 

ですので、ローンを組む際にはこの2点をしっかりと検討しなければなりません。

スポンサードリンク