車のローン カーローン 保証人 条件 審査基準

スポンサードリンク

車のローン 保証人の条件と審査基準

車のローンには元々保証人をつけなければいけない場合と、審査後に保証人をつけるように要求される場合などがあります。

 

カードローンのようなキャッシングには保証人を付ける必要がない場合がほとんどな為、気兼ねなく自分の責任だけでローンを組む事ができます。その分金利が高いというデメリットはありますが、万が一のときに自分以外の人にまで迷惑を掛けずに済むという利点はあります。

 

反対に、保証人を立てることによって、信販会社はもしもの時の保険が出来るわけですから、安心してお金を貸す事ができます。

 

もしも、車のローンを組む際に、保証人をつけてくださいと車屋やローン会社から言われた場合は、あなただけの信用では不十分だったということです。

 

 

理由はいくつか考えられます。

 

正社員でない
今の職について日が浅い
年収が低い
年齢が若すぎる
高齢である
以前にキャッシングやクレジットの支払いの遅延があった

 

などがあげられますが、本当の理由はローン申請者に知らされることはありません。

スポンサードリンク

いずれにしろ何かしらの原因があって信用が足りなかったという事です。

 

自動車ローンの為に保証人をお願いするのも気が引けるものですが、保証人になった人にも大きな責任が生じますので、保証人の依頼は必ず親族にお願いするようにしましょう。

 

ローン会社によっては親族でなければ認めないという場合もあります。

 

車のローンの保証人は、自分の親が現役であれば親に、現役を引退しているようであれば兄弟にお願いをするのが一番です。

 

もしも「保証人を頼める頼める人がいない」という場合には、お金を払って保証会社を利用するか、保証人の必要ないローンを組むようにしましょう。

 

逆に、保証人を友人からお願いされた場合は、どんな理由があるにせよ、きっぱりと断る勇気を持ちましょう。

 

気の優しい人は、保証人の依頼を断りきれずに、後々自分を破滅させてしまうような大変な事になりかねません。

 

 

保証人として立てる事ができる人の条件は、基本的には安定した収入の見込める人のみです。

 

その為、年金受給者やフリーター、主婦などは保証人になれませんし、そもそも支払い能力が無いので保証人になってはいけません。

 

審査基準としては、ローンを申請する人を審査するときと同じように、過去の支払い暦や年収、勤め先などが関係してきます。

スポンサードリンク