自動車ローンの組み方

スポンサードリンク

自動車ローンの組み方

車を生まれて初めて購入するとなれば、自動車ローンを組むのも初めての経験となるでしょう。

 

おそらくほとんどの人が初めてローンを組むのは自動車購入の際ではないでしょうか?

 

 

まず、自動車ローンを組むということは自動車の本体価格よりも高いお金を支払わなければならないという事を分かっていなければなりません。

 

 

金利や返済期間によってその支払い金額は大きく変動する為、安易にローンを組んでくれるからといって、何も考えずに簡単に組んでしまうのはいけません。

 

つまり、最も自動車を安く買いたければ、ローンは組まずに現金一括払いで支払う必要があります。

 

数年はかかりますが、がんばって節約をして、車を一括で買えるまで貯金をすれば良いのです。

 

本気でがんばればアルバイトをしている人でも2年もあれば150万円は余裕でたまります。
憧れの車のためなら少しぐらいのがんばりは必要です。

 

年齢が若ければ両親に借金をして、月々の返済は親へ渡すという方法が良いでしょう。

 

だからといっても、すぐに車が必要な場合や、家族からは借金できないという人も多いでしょう。

 

そうなるとなるべく金利の安いところを選びたいわけですが、

スポンサードリンク

金利が安い=収入が高く安定している(信用がある)

 

金利が高い=収入が低く安定していない(信用が無い)

 

という式が成り立ちます。

 

「いやいや、私は収入は少ないけど借りたお金はしっかり返しますよ!」と言ったところで、お金を借りる上でその人が持っている属性、つまり信用という物が非常に重要になるため、収入が無ければ高い金利を選ばざるを得ません。

 

銀行・共済>ディーラー、車販売店の提携ローン>残価設定型リース>カードローン

 

このように、銀行や共済のローンが組めれば最も安い金利で車を購入することができます。

 

逆にカードローンを使うことで、比較的簡単に車の購入資金を得ることができます。

 

しかし、その金利はしっかりと払い続けていくことが出来るのか?雪だるま式に借金が増えていき、大変な事態にならないかという事はしっかりと考えなければなりません。

 

カードローンなどの金利の高いローンでなければ、ローンを組むことが出来ないという人は、必ず頭金をある程度用意して、返済金額を少しでも減らすようにしましょう。

 

スポンサードリンク