車のローン 払えない

スポンサードリンク

車のローン 払えない

憧れの新車をローンを組んで買ったはいいものの、数年たったら払えなくなってしまい困っているという人の声は本当に良く聞きます。

 

車のローンが払えない理由はいったいどんなものがあるでしょうか。

 

まず考えられるタイプはそもそも収入に対してのローン支払額が元々高すぎたというものです。
職業がアルバイトであったり、月収の少ない人が新車を購入し、さらに早く支払いを終わらせたいがために月々4万・5万の支払いを続ける事は非常に困難でしょう。

 

家賃や光熱費を払わなくてもよい実家暮らしの人などなら可能かもしれませんが、そうでない場合には身の丈にあった支払い設定を当初から組まなければなりません。

 

また、次に考えられるパターンとしては、収入減があげられます。雇用の安定しない昨今の日本ですから、ボーナスのカット、給料の減額、リストラなどで、当初の予定では払い続けられるはずだったのに、それが不可能になってしまう場合があります。

スポンサードリンク

このような場合に、今後どう対処していくかはその人の置かれている状況によって変わってくるため、しっかりと自分自身の現状と相談しなければなりません。

 

場合によっては当然、自動車自体を手放す事を真剣に考えなければなりません。
収入が減り生活もままならない状態なのに、車を手放す事が出来ず、毎日ぎりぎりの生活をしていては車を所有する意味はありません。

 

車は所有しているだけでも維持費が掛かる贅沢品だという事を決して忘れてはいけないのです。

 

もし、どうしても車が必要な場合には、現在の車を売却し、中古の安い軽自動車に乗り換えるという手段もあります。

 

また、手放す事が出来ない場合や、明らかに月々の支払いが多すぎたという場合には、ローン会社に対して月々の支払いを減らし、支払い期間を延ばせないか相談してみましょう。

 

ローン会社も、ローンを踏み倒されるよりは、期間を延ばしてその分利子を多く取れればOKと考えることも十分にあります。

 

また、オートローンの種類によってはそもそも途中で返済プランを変更できるという場合もありますので、お金を払えないと悩む前にまずは一度ローン会社に相談してみてください。

スポンサードリンク