車のローンを自力で通す方法

スポンサードリンク

車のローンを自力で通す方法

車のローンを通す方法はいくつか考えられます。

 

普通に安定した給料をもらいながら働いている人は、よほど高い車でなければ、といっても400万くらいまででしょうが、たいてい審査には通るものです。

 

車のローンを通す方法を考えるということは、なにかしらの問題があるということですよね?

 

その問題はなんでしょうか?働いていない?給料が極端に少ない?まだ学生?

 

いろいろな理由があるでしょうが、根本にあるのは支払いの能力が無いということです。

 

支払いの能力が無ければそれを補う方法や証明を考えればよいのです。どうしても欲しい車があるけど、ローンの審査という壁にぶち当たっているのなら、自力でその審査を通過するような状態に持っていけばよいのです。

スポンサードリンク

 

まず、頭金を多く作ってください。頭金はあればあるだけ審査にとおりやすくなります。頭金0なんていうのは信用の置けないことでもあるのです。
頭金を多く払うことローン会社や銀行に「おっ、この人は支払う気があるな」と思わせることが出来るのです。さらにその後の支払いも楽になるので、頭金が多いに越したことはありません。そうです、もっともらしい答えですが、自分の身の丈を超える高い車を購入したいと思ったら少しでも早く少しでも多く貯金を始めましょう。

 

 

もう一つ、審査に通る為に自力で出来ることは、金融機関のチョイスです。
一般的には銀行のローンは審査が厳しく、オリコやアコム、アイフルやレイクなどのテレビCMで良く見かける金融機関は審査がゆるいです。

 

しかし、当然その分デメリットがあります。
そういったローン会社の場合金利が高いの事がネックになります。

 

安い場合では3%〜5%くらいですが、高いと10〜15%なんてところもあるので、計画的に借り入れをしなければ後々大変な事になってしまいます。

 

そして、頭金も払えない、高い金利のローンも避けたい、そんな状況であれば堅実な会社や組織に属す事です。通帳の残高をローン会社に見せたところで、審査の結果にはあまり関係がありません。その残高があるのならローンをせずに一括で払えよ、となるからです。
誰もが知っている会社、業績好調の会社、資本金の多い会社、上場企業の社員であれば、頭金が0でも審査は通過するでしょう。特に公務員はローンの審査に通過しやすい職種と言えます。時間はかかりますが、欲しい車の為に良い会社に頑張って就職するというのも自力で車のローンを通す方法の一つでもあります。

 

しかし、こういった職種、特に公務員は一般的にローンが組みやすいという理由で多額の借金を背負ってしまい、消費者金融に手を出してしまったり、自己破産してしまう人が多いのも事実です。

 

スポンサードリンク