車のローンが通らない理由 審査基準

スポンサードリンク

車のローンが通らない理由

車のローンが通らない又は通るかどうか心配ですか?

 

ローンというものにはどんなものでも審査基準が設けられています。

 

その人が、毎月決められた返済額をきちんと納めてくれるかどうか、ローン会社はそこが心配なのです。

 

もちろんローン会社はお金を人に貸すことで利益を上げています。しかし、借りたまま返さない人が増えてしまえば営業が成り立たなくなりますからね。

 

このサイトでは車のローンが通らない理由を知る事で、通るようになる対策を考えていきます。

 

車のローンは一般的にはオートローンやマイカーローンなどと呼ばれます。

 

そして借り入れ金融機関によって金利は様々です。

 

金利とは、お金を借りた額に上乗せして払う利子の事です。金利が高ければ高いほど、支払う総額が高くなりますので、出来るだけ安い金利の金融機関を皆必死になって探すのです。

 

金利は安いところで5%、高いところだと18%ほどになり、もし100万円の車を1年ローンで買った場合、5%なら5万円の利子で済むところ、18%のところだと18万円もの利子がつきます。

 

しかし、金利が高いという事はそれだけ受け入れの間口が広いとも言え、低金利の会社からはNOを突きつけられても、高金利の場合にはOKがもらえる事となります。

 

当然、返済できる計画がなければ無理をしてローンを組んではいけませんが、金利を低く抑えることが出来れば、安心して借りる事が出来ますね。

 

金利を下げる為にはどういった金融機関でどのような属性が必要となるのか、考えていきましょう。

あなたが車のローンの審査に落ちた訳

新しい車が欲しくていろいろと品定めして、試乗もさせてもらい、悩んだ挙句いざ「この車か買います!」と勢い良く言ったまでは良いものを、「ローンの審査に通りませんでした」なんていわれてしまったら、ショック異常に恥ずかしさが大きくなります。

 

でも、なぜあなたは審査に落ちてしまったのでしょうか?

 

これにはちゃんとした理由があります。

 

私たちが普段生活していく中で「ローン」つまり他人からお金を借りるという場面は多く存在します。

 

たとえばクレジットカードの支払いです。

 

クレジットカードはただでさえ商品を手に入れたときにはまだ、あなたの財布や銀行口座からは一円も支払われていないわけです。
すなわちカードで物を買うということはその時点で借金をしているようなものなのです。

 

それなのに、もしも銀行引き落とし日に残高が足りずに支払うべき金額を払うことができなかったら。

 

当然あなたの個人情報は専門の機関に流れます。つまり、信用できない人というレッテルを張られてしまうわけです。

 

良く、数日後に送られてくるコンビニの支払い用紙できっちり払っているからいいではないか、と思っている人もいますが、コンビニの支払い用紙が送られてきている時点であなたは支払い遅延者なのです。

 

また、電気ガス水道の使用料金、家賃、なども同じですね。

 

もしも車のローンの審査に落ちてしまったという場合にはこれらの支払いの遅延が無かったか、思い返してしてみましょう。

 

数回程度なら問題ない事も無いですが、頻発したり何ヶ月か続くと確実に情報機関に流れます。
これがクリアになるには半年から2年はローンを組めない可能性があります。

 

くれぐれもクレジットカードや家賃の支払いは滞納しないように気をつけましょう。

スポンサードリンク